海外の旅行、イベント、規制や法律など、様々な情報源を解説します。

ワールドカップ2018FIFA推奨のホテルでも2倍の価格。穴場はカザンとエカテリンブルグ

2019/08/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
海外に在住15年目、現在はドイツに在住の趣味ライターです。

2018年ロシアワールドカップの開催期間中、ホテルの宿泊代金や、飛行機の航空券の急激な値上がりが懸念されています。

そこで、FIFA推奨するホテルや宿の空き状況や価格を調べてみました。

FIFAのサイトへ

FIFAが奨励するホテルや宿のリストは、こちらのFIFAのオフィシャルページから見ることができます。

http://hotels.fifa.com/

このリンクをクリックすると、上の写真ような画面がでてきます。

都市別に、次の11都市から、ホテルを検索することができます。

  1. エカテリンブルグ
  2. カリーニングラード
  3. カザン
  4. モスクワ
  5. ニジニ ノヴゴロド
  6. ロストフ
  7. サンクトペテルブルク
  8. サマラ
  9. サランスク
  10. ソチ
  11. ヴォルゴグラード



モスクワ

モスクは周辺では、FIFA推奨のホテルが83件登録されています。まだ多くの空きがあります。各ホテルのリストの下に、”Avairability”というボタンがありますので、そのボタンをクリックすると、空室のある日と価格のリストを見ることができます。

3月2日の時点で、83件のホテルのうち、26件のホテルで空きがあります。残りの57件では「空室なし」”no rooms available” か、大口のグループにより予約済み “This hotel is provisionally reserved for event groups” となっています。



価格が通常の2倍!

ただ、こちらのオフィシャルページからでも、ホテルの値段が割高と感じられます。

そこで、独自に価格を調査したところ、ここちらに掲載されているホテルの宿泊料と、ワールドカップが行われていない期間中での宿泊料を、何件かのホテルで比較をしました。

例えば、モスクワにある「ベルリンホテル」Berlin Hotel では、一泊あたり一人 8,430.00ルーブル(15,595円)です。



ワールドカップ開催期間中以外では、Booking.comによると、同じホテルのシングルルームの料金は、例えば5月の末で 4,700.00ルーブル(8,694円)ですので、宿泊代は約2倍となっていることが確認できます。





サランスク

日本代表チームの初戦は6月19日(火)、サランスクのモルドヴィア・アリーナで行われる対コロンビア戦です。

サランスクのホテルについて、FIFAは11のホテルを推奨しています。

また、サランスクのホテルですが、トリップアドバイザー や、Booking.comで、ワールドカップの期間中、ホテルの空きが全くないという状況が昨年の12月の時点ですでに生じています。

また同様に、3月2日の時点でFIFAのサイトでも、これらの推奨ホテルについては空室がありません。明らかに、大口の業者が空室を全てブロックしていると考えられます。

追記(3月5日):サランスクについて、FIFAのサイトから、ホテルの予約が可能となりました!

エカテリンブルグ

日本代表チームのは6月23日(土)、エカテリンブルグで対コロンビア戦のゲームがあります。

エカテリンブルグのホテルについて、FIFAは21のホテルを推奨しています。現在のところ、約6つのホテルで23日から24日にかけて空きがあります。

エカテリンブルグのホテルは、モスクワよりもリーズナブルな価格帯でホテルオファーがあります。参考までに、6月23日から24日価格表を下に示しました。価格はすべて一人当たりです。

  • HOTEL MOSKOVSKAYA GORKA RUB 8,128.00 (15,036 円)
  • OKTYABRSKAYA HOTEL RUB 7,671.00 (14,190 円)
  • GRAND AVENUE HOTEL RUB 6,059.00 (11,208 円)
  • HOTEL ATLANTIC RUB 6,059.00 (11,208 円)
  • DIVS HOTEL RUB 4,130.00 (7,640 円)

ヴォルゴグラード

日本代表チームは6月28日(木)、ヴォルゴグラードで対コロンビア戦のゲームがあります。

ヴォルゴグラードのホテルについて、FIFAは11のホテルを推奨しています。3月2日現在、予約できるホテルまったくありません。

カザン

日本代表チームのキャンプ地はカザンにあります。また、もし勝ち上がった場合、準々決勝が、7月6日(金)にカザンのスタチアムで行われます。

カザンのホテルについて、FIFAは25のホテルを推奨しています。3月現在、15のホテルで空室があります。

カザンでは、幸い多くの空きがあるようです。

日本代表チームのキャンプ地を拠点とするのも良いかもしれません。

ちなみに、カザンはモスクワからは約800kmの東に位置し、6月平均最高気温は23.5度、平均最低気温は13.3度で、降水量も少なく、ワールドカップ開催期間中は比較的過ごしやすい日が多いと予想されます。

対策

FIFAが奨励するオフィシャルサイトでの宿ですが、サランスクやヴォルゴグラードでは、予約ができない状況になっています。

これらの状況について、空室がないのはすでに予約済みのためではなく、多くのホテルでは実はまだ予約ができる状態になっていないとも言われています。

そのため、今後の方が予約ができやすい可能性が出てくるということなので、あまり落胆する必要はないかもしれません。

そのほかにも、Booking.comや、TripAdvisorでは、小さなアパートホテルなどでまだ空きがあるようです。

ただし、これらの小さな宿へ宿泊する場合、ロシア入国後の「登録」を自分で行う必要がありますので、注意してください。ホテルでは、通常ホテルが手続きを代行してくれます。

ワールドカップ開催期間中はロシアの鉄道網を利用し、ひとつの都市にこだわることなく、賢く宿を選びたいところです。

旅行者の間では、ロシアに限定することなく、ヨーロッパの鉄道、例えばヨーロッパ鉄道旅行などを利用して、近隣諸国への移動も視野に入れる人々も増えています。オススメは、サンクトペテルブルク経由でのフィンランド行きです。高速列車で、約3時間半です。

この記事を書いている人 - WRITER -
海外に在住15年目、現在はドイツに在住の趣味ライターです。

Copyright© and more… , 2018 All Rights Reserved.