海外の旅行、イベント、規制や法律など、様々な情報源を解説します。

【ペーパー・ハウス】ロケ地はどこ?パート1&2、スペイン マドリッド編

2019/08/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
海外に在住15年目、現在はドイツに在住の趣味ライターです。

ここでは、スリル満点の、スペイン発連続ドラマ、「ペーパー・ハウス」が撮影されたロケ地を調べましたので、紹介します。

ヨーロッパ旅行の際に、海外ドラマ好きならば少し立ち寄ってみても良いかもしれません。

ペイパー・ハウス

ペーパー・ハウス」は、スペイン発の傑作海外ドラマです。現在、Netflix で連載されています。

より詳しいドラマの設定については、こちらで説明しているので、参考にしてください。

ロケ地

ロケ地は、スペインの国立研究所 CSIC(Spanish National Research Council)の建物です。

スペインの首都、マドリッドの中心街から、約5キロほど北にあります。

ちなみに、マドリッドの日本大使館のすぐそばで、100m くらい離れたところにあります。

この研究所は、スペインでは最大の国立研究所であり、研究は科学技術系が主要な分野となっています。ヨーロッパでも第3の規模と言われています。

ペーパーハウス ロケ地 CSIC, マドリッド、スペイン
ペーパーハウス ロケ地 CSIC, マドリッド、スペイン

周辺

周辺には、例えば、国立科学博物館(National Museum of Natural Sciences)があります。

この博物館は建物自体はそれほど大きくありませんが、数多くの恐竜の化石や、その他の動物の剥製が展示されています。

そのほかにも、人類の進化を説明する様々な遺品、岩石、隕石までも展示されています。

スペイン中央銀行

ペーパーハウス ロケ地:スペイン中央銀行、マドリッド
ペーパーハウス ロケ地:スペイン中央銀行、マドリッド

では、本物のスペインの中央銀行はどこにあるのでしょうか?

本物のスペインの中央銀行(Banco de España)は、マドリッドのほぼ中央、レティーロ公園のすぐそばにあります。

この建物は、1782年にスペイン国王チャールズ3世により建設されます。

交通量の多い通りに面していますが、とても美しい建物です。

ここでは、例えば記念コインが買えたり、500ユーロ札を細かく両替したりできるそうです。

中の様子は、こちらのビデオからも見ることができます。

本物の金庫の様子や、積み上げられた純金のバー、紙幣の印刷シーンなど、ドラマと比較してみると面白いかもしれません。

ペーパーハウス ロケ地:スペイン中央銀行

教授の隠れ家

教授が隠れていた家は、どこでしょう?

ドラマでは、警部のラケル・ムリヨが、様々な監視カメラから住所を突き止めます。

ドラマで実際に出てきた住所は、実在するようです。

スペインの中央銀行から北東へ約 2.5km 離れたところにあります。スペイン中央銀行から、徒歩で約35分ほどでいくことができます。

周辺には、カフェやレストラン、ショップなどが多くあります。

ドラマに出てくる住所は確かに存在します。そして、この住所は、ラケルが地図上で最終的に特定した3角地帯の位置とも一致します。

しかし、ドラマとは実際の風景が異なるので、撮影されたのは、別の場所のようです。

フィリピン、パラワンビーチ

ペイパーハウス ロケ地 フィリピン

シーズン2の最後のシーン、ビーチを目の前にする場面が出てきます。

フィリピンのパラワン島には、とても美しいビーチがたくさんあります。

ドラマで出てきたGPSの住所( 10°0’0″N 118°50’0″E )をグーグルマップで調べると、次のように 『El Profesor』と住所が出てきます!!

“El Profesor” は、本場スペイン語で「教授」の呼び名です。

すでに、誰かが Google マップでピンを立てたようですね。

レビューを見ると、「ペーパー・ハウス 」面白い!など、この住所を突き止めた人々から、レビューがされています。なかなか凝っていて、面白いですね。

ただ、このドラマのシーンが撮影されたのは、どうもフィリピンのパラワン島ではないとも言われています。

タイやバリ島では?と言う憶測がされています。

まとめ

以上、海外ドラマ「ペーパー・ハウス」、シーズン1と2で出てきたロケ地について、少し調べてみました。

シーズン3は、よりグローバル化し、イタリアやアジアに多くのシーンが撮影されているそうです。

楽しみですね。

キャスト

こちらでは、ドラマのキャストを紹介しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
海外に在住15年目、現在はドイツに在住の趣味ライターです。

Copyright© and more… , 2019 All Rights Reserved.