海外の旅行、イベント、規制や法律など、様々な情報源を解説します。

ドイツ旅行 鉄道チケットの正しい買い方。正規サイト利用で電車に安く乗ろう!その2

2019/07/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
海外に在住15年目、現在はドイツに在住の趣味ライターです。 ドイツ語はC1レベル。ラテン系の言語も少しわかります。英語の方がやっぱり得意ですが、英語はネイティブではありません。

Hi, I'm a native Japanese writer living currently in Germany. I do writing for a hobby, sometimes in English and sometime in Japanese depending on topics. I am also learning German, too.

ここでは、ドイツ鉄道のチケット購入方法、その2を紹介します。

ドイツ鉄道 (Deutsche Bahn, DB) のオフィシャルサイトから直接チケットを買うので、仲介業者を通さず、最安で買うことができる方法です。

英語のインターフェースも利用できますので、ドイツの旅行の際には、このサイトを利用したチケットを購入をお勧めします。

その1では、DBの検索ホームページにおいて、データの入力方法を紹介しています。

ここでは、フランクフルト空港からデュッセルドルフまでの路線について検索をして見ます。

検索結果

その1の記事に従ってデータを入力し、フランクフルト空港からデュッセルドルフまでの路線について検索すると、上の写真のような結果が表示されます。

特急列車を利用すると、1時間に約3本の列車があることがわかります。

表示情報

ここで表示されている情報は、それぞれ次のとおりです。

  1. Station/Stop:出発および到着駅名
  2. Time:出発および到着時刻
  3. Duration:旅程に要する時間
  4. Chg.: 乗り換え回数
  5. Products: 利用交通手段
  6. Products: 利用交通手段
  7. Saving fares: 割引タイプの料金
  8. Flexpreis : フレックス料金(通常料金)

表示結果から、つぎのことがわかります

  1. 乗り換え回数が多いほど、運賃が安くなる。
  2. 総旅程時間が長いほど、運賃が安くなる。
  3. フレックス料金と割引料金の二つのカテゴリーがある。

割引とフレックス

フランクフルトからデュッセルドルフまでの通常料金は 84,00 EURであるのに対し、割引料金での最安値は 35,90 EUR と半値以下になることがわかります。

ほとんどのルートにおいて、フレックス料金と割引料金が設定されています。割引料金は運賃がやすくなりますが、様々な制約があります。

より詳しくは、下で解説します。

路線の選択

”Show details” をクリックして、それぞれの路線について、詳細を確認してください。

リストの中から、お好みの路線を選び ”To offer selection” をクリックしてください。

ここでは仮に、1時間20分と最短で、かつ乗り換えなしで行くことができる、フランクフルト空港発 12:25の ICE 724を選択してみます。

チケット選択

まったく同じ列車であっても、チケットのカテゴリーによって値段が異なります。

オファーは次の4つとなっています。

  1. Super Sparpreis:スーパー割引チケット
  2. Sparpreis:割引チケット
  3. Flexpreis:フレックスチケット
  4. Super Sparpreis 1st class:スーパー割引チケット(ファーストクラス)

これらのチケットのカテゴリーが英語で表示されます。

ただ、いまいち意味がわかりにくいかもしれませんので、下記で詳しく説明します。

スーパー割引チケット

スーパー割引チケット “Super Sparpreis” は、もっとも割安になりますが、もっとも融通が利かないチケットでもあります。

スーパー割引チケットの条件は、次のとおりです。

  • 他の列車には乗れない (Train-specific travel)
  • キャンセルは不可 (Cancellation excluded)
  • シティーチケット付帯なし (No City-Ticket)

割引チケット

あたまに「スーパー」がつかない、通常の「割引チケット」の場合、条件は次のとおりです。

  • 他の列車には乗れない (Train-specific travel)
  • キャンセルの場合、キャンセル料を払えば1日前まで可能で、DBの金券と交換になる。(Cancellation before 1st day of validity subject to a fee in exchange for voucher)
  • シティーチケット付き (City-Ticket included)

フレックスチケット

フレックスチケットは、割引のない標準料金となります。そのため、少し高いですが、万が一のアクシデントがあっても、融通がきくので便利です。

フレックスチケットの条件は、つぎのとおりです。

  • 他のどの列車でも乗ることができる (Unrestricted choice of trains on day of travel)
  • 1日前まで、無料でキャンセル可能 (Cancellation before first day of validity free)
  • シティーチケット付き (City-Ticket included)

キャンセルが1日前までは無料なので、まだ予定が確定していない場合に購入をお勧めします。

また、万が一乗り遅れた場合でも、追加料金なしで他の好きな列車に乗って目的地まで行くことができます。

シティーチケット

長距離切符を買うとき、スーパー割引チケットではなく、それより少しだけ割高になる、「割引チケット」”Sparpreis”  と「フレックスチケット」”Flexpreis” を選択すると、出発地と到着地の中央駅からその周辺の交通手段を自由に使うことができる、シティーチケット “City Ticket” が付いてきます。

ホテルについてから、目的地であちこちに行きたい方にお勧めです。

シティーチケット “City Ticket”について詳しくは、別ページで解説します。

ファーストクラス

ちなみに、おなじ検索をファーストクラス “1st Class” で検索すると、すぐ上の写真のとおりになります。

同じ列車、フランクフルト空港発 12:25の ICE 724のファーストクラスの料金は 142,00 EUR、割引料金は 71,90 EUR となることが分かります。

ファーストクラスの料金には、指定座席料金が含まれています

DBアカウント

購入に進む前に、ドイツ鉄道サイトでのアカウントを作成するかどうかを聞かれます。

すでにアカウントがある場合は、ログインIDとパスワードを入力して、”Log in and book” からログインしてください。

アカウントがない場合、次の二つのオプションがあります。

  1. アカウントを作らずに、チケットを購入する。”Book without registering”
  2. アカウントを作って、チケットを購入する。”Register as new customer and book”

アカウントを作らずにチケット購入もできますが、いずれにしろ多くの個人情報を入力することになりますので、アカウントを一旦作成してから、チケット購入することをお勧めします。

チケットの受け取り方

自分のアカウントにログインすると、次にどのようにチケットを受け取りたいか聞かれます。

チケットの受け取り方は、つぎの2通りがあります。

  1. デジタルチケット “Digital ticket”
  2. 郵送による受け取り “Order and receive”、追加料金 4,90 EUR

デジタルチケットであれば、追加料金なしで購入できますが、郵送による受け取りを希望すると、追加送料 4,90 EUR がかかります。

ここでは、デジタルチケットを選択します。

搭乗者が異なる場合

注意書きにもありますが、一旦購入したチケットは、他人に譲渡することができません

そのため、検察の時にチケットと同時に、購入時のクレジットカード、または顔写真付きのIDの提示が求められることがあります。

もし、実際の搭乗者が、あなた(購入者)でないならば、「他の人にチケットを購入する」”Ticket for another person” をチェックしてください。

席の予約

セカンドクラスでも、席を予約することができます。この場合、追加料金は 4,50 EUR となります。

席については、次の3点を選ぶことができます。

1. 車両タイプ “Compartment type”

  • どちらでも良い any
  • オープンサロン Open saloon
  • テーブルつきオープンサロン Open saloon with table
  • 個室 Compartment

2. 席の場所 “Location of the seat”

  • どちらでも良い any
  • 窓側 Window
  • 通路側 Aisle (if available)

3. ゾーン “Zone”

  • どちらでも良い any
  • 携帯電話通話可能ゾーン Phone zone
  • お喋り禁止ゾーン Quiet zone

上記の必要事項を記入して、先に進む “Proceed” をクリックします。

追加事項

次に、

  1. 目的地での1日乗車券 (City mobil-Ticket (local public transport ticket))を購入するか、
  2. 保険(Ticket insurance)を購入するか、

を、必要な場合選択してください。

その3では、支払方法やチケットの受け取りについて詳しく説明します。

この記事を書いている人 - WRITER -
海外に在住15年目、現在はドイツに在住の趣味ライターです。 ドイツ語はC1レベル。ラテン系の言語も少しわかります。英語の方がやっぱり得意ですが、英語はネイティブではありません。

Hi, I'm a native Japanese writer living currently in Germany. I do writing for a hobby, sometimes in English and sometime in Japanese depending on topics. I am also learning German, too.

Copyright© and more… , 2018 All Rights Reserved.