海外の旅行、イベント、規制や法律など、様々な情報源を解説します。

Netflix【ペーパーハウス】トーキョーが嫌いと言われる理由。ネタバレ

2019/08/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
海外に在住15年目、現在はドイツに在住の趣味ライターです。 ドイツ語はC1レベル。ラテン系の言語も少しわかります。英語の方がやっぱり得意ですが、英語はネイティブではありません。

Hi, I'm a native Japanese writer living currently in Germany. I do writing for a hobby, sometimes in English and sometime in Japanese depending on topics. I am also learning German, too.

ここでは、ペーパーハウス、シーズン1と2までについて、トーキョーのキャラクターの評判とともに、彼女が嫌われる理由は何か、そして、なぜ彼女が存在するのかを考えてみます。

スペイン発の大人気ドラマ、ペーパーハウスについて、ツイッター上でも世界の多くの人々から、コメントが交わされています。

その中で、どちらかと言うと、主人公でもあるトーキョーは嫌われ者のようです。

ここでは、それらのコメントを集め、キャラクターの分析をしてみました。

この記事の後半あたりからは、具体例が出てきますので、ネタバレ注意を喚起したいと思います。

まだシーズン1と2を見てない方々は、「トーキョーが嫌われる理由」の節までを読んで、その先の「具体例」からは飛ばしてください。

コメントの例

ペーパーハウス トーキョー
ペーパーハウス トーキョー

ツイッター上の、トーキョーに対する批判的なコメントを集めてみると、例えば次のようなことが言われています。

私の他にも、トーキョーが嫌いな人いる? Does anyone else hate Tokiyo?

トーキョーにはイライラするんだけど。Tokyo is annoying.

彼女はアホだ。 She is a moron.

俺もあの女スゲー嫌い。I agree, I started to hate that b*tch

トーキョーのスキルって何だ?一体何のために奴はいるんだ。不快なだけなんだけど。
What exactly is her talent? Being obnoxious, that’s what.

超セクシーだけどね。But she’s boiling hot.

というような会話を、あちこちで見かけます。

トーキョーが嫌われる理由

なぜ、トーキョーがイライラするキャラクターなのかと言うと、その理由は大体次のようにまとめることができます。

  • 向こう見ずな性格
  • 不必要な問題ばかり起こす
  • 頭が悪い
  • 自分の非を認めない
  • 反省しない
  • 失敗から何も学んでない
  • スキルが何もない
  • チームにいる意味がない
  • 10代から成長してない
  • 人としての深みがない

のようにまとめることができます。

30にもなる女が、子供っぽくて飽き飽きするといったところでしょうか。

絶妙なチームワークが必要とされる計画であるにも関わらず、彼女のせいで、チームは多大な迷惑を被ります。

さらに、トーキョーにはこれといった特殊な能力があるようには見えません。彼女がチームにいる意味はそもそも何なのでしょうか?

具体例:トーキョーの失敗

トーキョーの失敗例1

中央銀行に強盗に押し入った最初の日から、彼女の無謀な行動により失敗をします。

単なる銀行強盗と見せかける最初の計画で、リオが待てと言うにも関わらず、トーキョーは「今だ!」と外へ出てしまいます。

外に出たタイミングが早すぎたため、警察と銃の撃ちあいとなり、リオが死にかけます。

チームの他のメンバーも死ぬ可能性がありました。

また、仮にここで警察官が死んでいたら、世論を味方につけることも難しくなり、計画が最初から崩れてしまいます。

撃ち合いの中、無事にリオを銀行の中へ運び、リオは頭に軽傷を負っただけで、気を失ったいたとわかり、ホッとしますが、

トーキョーは、デンヴァーやナイロビから、「何やってるんだ!」「お前はアホか!」と怒鳴られても、下を向くだけで、一言も謝ろうともしません。

全く自分が悪かった、と反省する気がないのです。

さらに、「教授」との会話では開き直って、「自分はリオを守ろうとしただけ。何もかも計画通りになんか行くわけないからな!」とまで怒鳴ります。

トーキョーの失敗2

トーキョーの性格的な欠点として、我慢ができない点があります。何事にもすぐ飽きてしまうのです。

教授との連絡が途切れ、チームは焦り始めたとき、最初に計画を諦めたのがトーキョーです。

トーキョーは、ベルリンのみが知る最終手段、チェルノブイリ計画を実行したくてたまりません。

ロシアンルーレットで、ベルリンに吐くよう脅すのです。

ここでは、ベルリン死んでいた可能性が十分あります。

ベルリンの死を、彼女が責任を取れると言うのでしょうか?取れるはずありません。

そして、彼女のギャンブルには全く意味がありません。何でこんなアホなギャンブルをするのか、理解ができなかった人も多いのではないでしょうか。

この罰として、トーキョーは追放され、警察に捕まります。

役立たずの彼女がいなくなって、チームは清々したと感じているでしょうか。

失敗3

追放からトーキョーが銀行の建物へ戻る際に、モスクワが打たれてしまいます。

そして、最終的には亡くなってしまいます。。。

モスクワが死んだのは誰のせいでしょうか?そもそもこんなバカな問題を引き起こしたトーキョーのせいではないでしょうか。

彼女の無謀な行動が原因で、有能な仲間を失います。

彼女はそう言うタイプなのです。仲間を落としめ、仲間を殺し、自分が生き残るタイプなのです。

こんな経験をしたのだから、少しくらいは反省して、自分を責めたり後悔したら良いのでは?

と思いますが、それをしないのが、トーキョーなのです。

トーキョーの性格

このように、トーキョーは無謀で問題児、計画の無さで視聴者から嫌われます。

計画のために決められた様々なルールを、ほとんど破っているもの彼女です。

彼女のせいで、仲間が死にます。

また、過ちを犯したことで反省することで、大人へと成長する気配がありません。

過ちを繰り返し、小さな問題が雪だるま式に大きくなり、たどり着いたのが今のトーキョーなのです。

そして、この性格は簡単には治らないようです。

モスクワによる描写

このトーキョーのタイプは、モスクワがシーズン1で的確に表現しています。

トーキョ、お前の周りの人々は、お前のせいで傷ついて死んでいく。今度はリオの番か。

無責任、衝動的、薄っぺら、自己中。

お前は、そういう人間だろ?

トーキョーはこのようにモスクワに言われて、悔しさを感じますが、口答えもできません。

本当のことだからです。

トーキョーはなぜいるのか?

それでは、なぜトーキョーはチームにいるのでしょうか?彼女のチームへの貢献って何でしょうか?

見た目がセクシーだから….?

視聴者を飽きさせないため….?

一つ、次のような面白い説が一つあります。

トーキョーは、何も計画せずに、動物的な勘で動くタイプ。このようなタイプは、いざ戦闘となったときに約立つ。つまり、土壇場で計画など考えている場合でない修羅場では、トーキョのサバイバルスキルが約立つ

と言う説です。チームに入る理由の一つと言えるかもしれません。

嫌われ者の視点

モスクワが、トーキョーのタイプを的確にドラマの中で描写しているように、

実は、トーキョーを嫌われるタイプに仕立てているのは、クリエーターの意図のようです。

その意味で、ペーパーハウスは、実験的なドラマとも言えるかもしれません。

仮に、このドラマで主人公が従順で、教授やベルリンの言うことに忠実に従う人だったら、どうだったでしょうか?

例えば、トーキョーはチームにいなくて、より視聴者から人気が高い、ナイロビが主人公だったら?

クオリティーコントローラーのナイロビは、不幸な生い立ちですが、頭はむしろ良い方です。協調性もあり、偽造紙幣の知識もあります。チームには欠かせない存在です。

もしナイロビが主人公なら、きっともっと細部にこだわった、高度なドラマになっていたでしょう。

また、教授がナレーターだったら?これも、教授の人柄をより知ることができて、面白かったかもしれません。

しかし、あえてこのドラマではそのような設定をしませんでした。

嫌われ者を主人公にしたのです。

トーキョがアホだから面白い?

視聴者を飽きさせないと言うのも、一つのポイントかもしれません。

つまり、このドラマがハラハラするシーンが多く、アクションドラマとしてみることができるのも、トーキョーがキャラクターとして存在するからとも思えます。

彼女は、チームにはあまり役に立ちませんが、ドラマの存在としては、重要かもしれません。

彼女が次に、どんなバカな問題を起こすのだろうか?

見ている側は、知らないうちにそれを期待していないでしょうか?

ラケルもドラマで言いますが、

ホラー映画みたいで、観ている側は、やめろ!やめろ!と心で叫ぶのですが、映画の主人公はそれをやってしまう。

トーキョーにも、実はそれと少し似た役割がありそうです。

もっとも嫌われているキャラクター

ちなみに、ツイッターのコメントを見ると、もっとも嫌われているキャラクターは、銀行の管理者、アトゥーロ・ローマンです。

そして、意見が分かれるのがベルリンです。最初は嫌いと思われる方が多いようですが、シーズン2の最後の場面で、彼が死ぬシーンで名誉を挽回するようです。

ベルリンも嫌われ役ですが、最後にチームのために命をはることで、彼のことがやっぱり好きだと思える方が多いようです。

ベストキャラクター

最後に、このドラマの最高のキャラクターは、やはり「教授」だと言われています。

教授の計画性や2面性は怖いほどですが、彼のことが嫌いだと言う人はあまりいないようです。

ちなみに、2番目に人気のキャラクターは「ベルリン」のようです。

まとめ

ここでは、ペーパーハウス、シーズン1と2までについて、トーキョーのキャラクターの評判とともに、彼女が嫌われる理由は何か、そして、なぜ彼女が存在するのかを考えてみました。

シーズン3では、彼女が変化するのか、それとも変化せずに相変わらずバカなことをしてくれるのか、楽しみですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
海外に在住15年目、現在はドイツに在住の趣味ライターです。 ドイツ語はC1レベル。ラテン系の言語も少しわかります。英語の方がやっぱり得意ですが、英語はネイティブではありません。

Hi, I'm a native Japanese writer living currently in Germany. I do writing for a hobby, sometimes in English and sometime in Japanese depending on topics. I am also learning German, too.

Copyright© and more… , 2019 All Rights Reserved.