海外の旅行、イベント、規制や法律など、様々な情報源を解説します。

【ドイツ観光お土産】知ってる?チョコレート最古の伝統5ブランド

2019/07/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
海外に在住15年目、現在はドイツに在住の趣味ライターです。 ドイツ語はC1レベル。ラテン系の言語も少しわかります。英語の方がやっぱり得意ですが、英語はネイティブではありません。

Hi, I'm a native Japanese writer living currently in Germany. I do writing for a hobby, sometimes in English and sometime in Japanese depending on topics. I am also learning German, too.

ドイツ旅行のお土産として、ドイツのチョコレートがよく登場します。

それでも、ブランドが多すぎて、どれを選べば良いか迷ってしまいます。。。。

また、スーパーなどの売り場では、スイスのブランド、ドイツのブランド、ベルギーのブランドなど、区別されずに売られています。

そこで、ドイツのチョコレート産業について、包括的な情報があまり多くないようなので、ここで歴史とともに伝統的な古いブランドを知りたい方のために、紹介記事を書きました。

ドイツで最も古い5つのチョコレートブランドをまとめましたので、

ぜひ、ドイツ旅行のお土産選びに参考にしてみてください。

チョコレートの歴史

まずは、チョコレートの歴史を見てみましょう。

チョコレートの始まり

ドイツ観光お土産 チョコレートの歴史
ドイツ観光お土産 チョコレートの歴史

チョコレートの最古の歴史は、現在のメキシコで、紀元前1900年ごろから始まります。

カカを豆を発酵させ、チョコレートのドリンクとして飲まれていたのが最初だと言われています。

その後、マヤ文明、アステカ人へと風習が引き継がれます。

古代から、世界中のあらゆる地域でも、チョコレートのドリンクが、飲み物として飲まれていた形跡があるそうです。

大昔はもちろんお砂糖などの甘さを加えず、香りを楽しむために、高級な飲み物として、好んで飲まれていたようです。

近世ヨーロッパ

ドイツ観光お土産 チョコレートの発見

16世紀までは、ヨーロッパの人々は、そもそもチョコレートの存在を全く知りませんでした。

ヨーロッパ人で、チョコレートを最初に発見したのは、あの「コロンブス」で、彼によりヨーロッパ、現在のスペインへ最初に持ち込まれたとされています。

その後、18世紀まで、ヨロッパ各国の海外進出、植民地政策によって、チョコレートの輸入国はイギリス、オランダ、フランスへと広がります。

近代ヨーロッパ

ドイツ観光お土産 チョコレートの新工法 ヴァン・ホウテン
ドイツ観光お土産 チョコレートの新工法 ヴァン・ホウテン

産業革命により、それまでの手作業で作られていたチョコレートの加工も、大変化をします。

1815年、オランダの、「ヴァン・ホウテン」により、チョコレートの新工法「オランダココア」(Dutch cocoa)が発見され、

現在の固形のチョコレートの形が初完成します。

その後、イギリス、およびスイスの技術者により、改良が続けられます。

現在の多くのチョコレート会社のルートは、ちょうどこの頃、1800年代の19世紀に遡ります。

ドイツ初のチョコレート製造会社

ドイツで最初にチョコレートを作った会社は、

1804 年、ハッレ(Halle)で、ハローレン(Halloren)

が最初だと言われています。

現在のハローレンは工場などでの大量生産はしておらず、地元に基づいた店舗を展開しています。

さらに、次の製造会社が続きます。

1823年ドレスデンヨルダン・ティメアス (Jordan & Timaeus
1839年ケルンストルヴェック(Franz Stollwerck)
1890年ベルリンラウシュ(Rausch)
1890年ブレーメンハシェ(Hachez)

下では、これらの5ブランドが、現在ではどのような商品や工場、店舗があるのかを詳しく紹介します。

No.1 ハローレン(Halloren)

ドイツ観光お土産 チョコレートハローレン
ドイツ観光お土産 チョコレートハローレン
会社名Halloren Schokoladenfabrik AG
本社住所Delitzscher Str. 70, 06112 Halle (Saale)
創業1804年
ウェブサイトhttps://www.halloren.de/
工場Halle (Saale)

ハローレンは、ドイツで最も古い、チョコレート製造のブランドです。

設立は1804年と古く、ドイツの東の街ハッレ(ザーレ)に位置します200年以上経った今でも、本社は同じ街ハッレ(ザーレ)にあります。

ハローレンは、ドイツで最も古い、チョコレートの製造会社です。

ハローレンのお店は、こちらから探すことができます。

ハッレ(Halle)に5店舗のショップがあるほか、ドレスデン、ライプツィヒにもお店があります。

おすすめのショップはこちらです。

ドレスデン Altmarkt

ドレスデンの最大のショッピングモール Altmarkt 内にショップがあります。

ドイツ観光お土産 チョコレートハローレン ドレスデンショップ
ドイツ観光お土産 チョコレートハローレン ドレスデンショップ

No.2 ヨルダン・ティメアス (Jordan & Timaeus

ドイツで二番目に古い、チョコレートの製造会社のブランドは、ドレスデンで生れました。

残念ながら、現在までは生きのこらなかった企業です。

しかしなが、近年、このブランドを復活させようという動きもあるようです。

ホームページがこちらにあります。https://www.edelmann-paulig.de/

会社は、ハンブルグの郊外、Lüneburg にあります。

No.3 ストルヴェック(Franz Stollwerck)

ドイツ観光お土産 チョコレート ストルヴェック
ドイツ観光お土産 チョコレート ストルヴェック

会社名Stollwerck
本社Köln
創業1839
ウェブサイトhttps://www.stollwerck.de/
工場Berlin, Saalfeld, Norderstedt
ブランド名Alpia, Salotti, Reichardt, erzet, Karina

ドイツで3番目に古い、チョコレートの製造ブランドは、ストルヴェックです。

ストルヴェックは、ドイツでも最大のチョコレート製造メーカーの一つへと大成長しています。

海外へも多くの工場があり、合併や吸収、またはブランドの売却などによって、成長してきました。

ローエンドからハイエンドまで、6つのブランド名で商品が売られています。

Alpia はローエンド、Salotti はミドル、Reichardt がハイエンドのブランドラインとなっています。

No.4 ラウシュ(Rausch)

ドイツ観光お土産 チョコレートラウシュ
ドイツ観光お土産 チョコレートラウシュ
会社名Rausch GmbH
本社住所Charlottenstraße 60, 10117 Berlin
創業1890年
ウェブサイトhttps://www.rausch.de/

ドイツで4番目に古い、チョコレートの製造ブランドは、ラウシュです。

ラウシュは、ベルリンを拠点とする、高級チョコレートのブランドです。ラウシュは、材料であるカカオの質にこだわり、エデルカカオを使用にこだわったブランドと言えます。

本社のベルリンには、ラウシュのチョコレートハウスがありますので、お土産の購入に便利です。

ドイツ観光お土産 チョコレートラウシュ本店
ドイツ観光お土産 チョコレートラウシュ本店

No.5 ハシェ(Hachez)

ドイツ観光お土産 チョコレートハシェ
ドイツ観光お土産 チョコレートハシェ
会社名Hanseatisches Chocoladen Kontor GmbH & Co. KG
本社住所Westerstraße 32, 28199 Bremen
ウェブサイトhttps://www.hachez.de/
創業1890年
工場ブレーメン

ドイツで5番目に古い、チョコレートの製造ブランドは、ハシェです。

こちらもやはり、カカオの質にこだわった、チョコレートのブランドです。

ドイツの北西部、ブレーメンに本社および工場があり、大企業に合併されることなく、中規模のチョコレートメーカーとして生き残っている会社のひとつでもあります。

ブレーメンでのおすすめショップはこちらです。

ドイツ観光お土産 チョコレートハシェ
ドイツ観光お土産 チョコレートハシェ 店舗

まとめ

いかがでしたか?

ドイツには、たくさんのブランドのチョコレートが売られていますが、もし、

土産で伝統的なものが欲しい!

とお探しの方には、ここで紹介したブランドからお土産を選ばれると良いでしょう。

ドイツの伝統ブランドを見ると、大企業へと成長しているのはストルヴェックのみで、残りの3つの企業は、中規模の会社として、地元に根ざして生き残っているようです。

逆に、スイスの老舗のほとんどは、ネスレやクラフトのような、食品関連の大企業に吸収されて、ブランド名として残るか、または、リンツの様に自力で大企業へと成長します。

スイスのチョコレート企業については、次の記事を参考にしてください。

参考文献

  • Wikipedia(ドイツ語版および英語版)『チョコレート』
  • 各チョコレート製造会社のホームページ

この記事を書いている人 - WRITER -
海外に在住15年目、現在はドイツに在住の趣味ライターです。 ドイツ語はC1レベル。ラテン系の言語も少しわかります。英語の方がやっぱり得意ですが、英語はネイティブではありません。

Hi, I'm a native Japanese writer living currently in Germany. I do writing for a hobby, sometimes in English and sometime in Japanese depending on topics. I am also learning German, too.

Copyright© and more… , 2019 All Rights Reserved.