海外の旅行、イベント、規制や法律など、様々な情報源を解説します。

B.ドルトムントのチケットを正規オンラインルートで入手しよう!

2019/07/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
海外に在住15年目、現在はドイツに在住の趣味ライターです。

 

ここでは、オンラインで、自分でブンデスリーガの試合のチケットを購入する方法を説明します。

クラブとは関係のないな、個人同士のチケット売買を斡旋する、オンラインのダフ屋サイトも色々あります。例えば、StubHub (スタブハブ)や、viagogo (ヴィアゴーゴー)が有名です。

ここではそうせずに、ブンデスリーガ推奨の正規ルートでかつオンラインで購入する方法を説明します。

 

なぜ正規ルートで買うのか?

正規ルートで買うメリットは、もちろん安心感にあります。

スタジアム前のダフ屋さんから買うにしろ、オンラインのダフ屋業者さんから買うにしろ、必ずリスクが伴いますが、正規ルートで買うのであれば、実際にお金を支払ったものの手に入らないかも知れない、というような不安がありません。

また、入手価格も、一時的な需要の大小に左右されず、ある特定な売り手からのぼったくりによる被害を最小限に留めることができます。

日本語だから安心、というわけにはいかないのが現状です。

むしろ、正規ルートがどこであるかを見極め、英語と併用して現地語を習得しながら、チケットを購入するのも旅行の楽しみのひとつです。

ことば

FCバイエルン・ミュンヘンの場合は英語で注文し買い進めることができますが、
B.ドルトムンドの場合は2018年2月の時点ではドイツ語のみとなりますので、参考までにドイツ語語彙も参考にしてください。

また、チケット購入にあたって、一般的な注意事項については、こちらを参考にしてください。

 

 

B.ドルトムンドのチケットサイト

それでは、こちらのリンクから、チケットショップのトップページへ行きます。

このページには、3つのリンクがあります。

  1. ブンデスリーガ (BUNDESLIGA)
  2. ヨーロッパリーグ (EUROPA LEAGUE)
  3. 登録 (ANMELDEN)

ブンデスリーガ、またはヨーロッパリーグをクリックすると、現時点でチケット販売中の試合のリストが現れます。

チケットのリリースは、平均的に試合の約4週間前からです。

このページでは、次の点が確認できます。

  1. 対戦相手
  2. 試合日
  3. チケット最低価格 (“Tickets ab … EUR” チケットは…EURから)
  4. リーグ戦では一人当たり4枚まで購入可能
  5. 人気の試合では一人当たり2枚まで購入可能

 

チケット最低価格をクリック

チケット最終価格のボタン、(“Tickets ab … EUR” チケットは…EURから) をクリックします。

次に、「席を選択する」(Jetzt Plätze auswählen) をクリックします。

すると、価格と空席状況を見ることができます。

希望の席を選択し、先へ進みます。

 

自宅でチケットを印刷

チケットを選択して支払いの時点で、”Print@Home” のオプションを選択すると、チケットの画像を取得し、自分でチケットを印刷することができます。当日にチケットを受け取る手間が省けますので便利です。

印刷にあたっては、A4用紙を用い、バーコードがはっきりと印刷されるよう、高品質な印刷水準を選んでください。

バーコードの印刷品質が悪いと、入場にあたって、機械に認識されません。

 

ファンショップでチケットを受け取る

チケットは、試合当日の4時間30分前からスタジアムのそばにある、BVB-FanWelt(BVBファン・ワールド)で受け取ることもできます。受け取り場所の住所はこちらです。

BVB-FanWelt
Strobelallee 54
44139 Dortmund
Tel: +49 231 9020-0

試合が開始して、ハーフタイムを過ぎるとチケットを受け取ることはできませんので、ご注意ください。

 

注意事項のまとめ

  1. チケットの販売開始は、試合当日の約4週間前から
  2. チケットは、試合当日の4時間30分前からスタジアムのそばにある、BVB-FanWelt(BVBファン・ワールド)で受け取る
  3. スタジアム内には、キックオフの2時間30分前から入場可能
  4. 試合が開始して、ハーフタイムを過ぎるとチケットを受け取ることはできない
  5. ファミリー向けブロックは、禁煙席 (Nichtraucherblöcke)
  6. 試合当日は公共の交通機関を無料で利用ができる

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
海外に在住15年目、現在はドイツに在住の趣味ライターです。

Copyright© and more… , 2018 All Rights Reserved.